VPS・クラウドの性能をレンタルサーバーの手軽さで

すぐに使える、ずっと使える、“マネージド”のクラウドホスティング

10秒ではじめよう

マネージドクラウドの3つの特長

  • 自動セットアップ

    好きなアプリケーションや開発環境を選ぶだけ。わずか数秒でWebサービス開発やサイト公開の準備が整います。

  • いつでもサイト表示

    突然アクセスが増えても大丈夫!オートスケール設定でサイト表示を快適に。いつも表示できるから、ビジネスチャンスを逃しません。

  • 常にセキュアな環境

    あなたが何もしなくても常に最新のセキュリティが保たれます。サーバーの運用や保守、メンテナンスはロリポップ!におまかせください。

サイト作成・運営に集中したいあなたに

  • 日々の運用負担を軽くしたいエンジニア

    環境構築はワンボタンで完了で手間いらず。セキュリティパッチの適用やサーバの障害・負荷対策など、日々の保守管理はロリポップ!マネージドクラウドが行います。

  • VPS・クラウドは苦手なデザイナーやWeb担当者

    サーバ運用の専門知識は不要です。サイトコンテンツを充実させたり、ブログ記事を更新することに集中できる環境があります。

  • 機会損失を避けたい
    アフィリエイター

    サイト表示遅延は訪問者の離脱につながります。他ユーザーから独立した環境や、急なアクセス増に自動対応するオートスケール設定でサイトが閲覧不可になるリスクを抑えます。

だれもが使える

マネージドクラウドの主な機能

  • ワンボタンで構築

    WordPressをはじめ、PHP、Ruby on Rails、Node.jsの環境をワンボタンで立ち上げることができます。※ 作成できるアプリケーションは随時追加予定

  • SSLで安全なサイト運営

    サイトに訪れたひとの安全を確保するのはもう常識。SSL対応でセキュアなサイトを運営できます。※ β期間中は lolipop.io ドメインのみ対応

  • リソースグラフで状況把握

    トラフィック数やコンテナの様子をグラフで可視化。運用状況がひと目でわかります。

  • オートスケールで安心

    アクセス状況に合わせて自動でコンテナが増減するオートスケールを数秒で設定。アクセス集中に備えましょう。

マネージドクラウドオープンβを体験しませんか。

WordPress、PHP、Ruby on Rails、node.jsなどのプロジェクトがご利用いただけます。

マネージドクラウドだからできること

一般的なレンタルサーバーとの違い

自分だけの自由な環境で、Webサービスを運営できる

1台のサーバーで、独立した環境(コンテナ)を仮想的に複数作ります。これでお客様ひとりひとりに合わせた、様々なアプリケーションを利用可能に。他のユーザーの影響を受けることはありません。

仮想的に独立したサーバー環境でサイトやWebサービスを運営

変化に柔軟に対応できるから、安心して利用できる

マネージドクラウドはコンテナを増やしたり減らしたり、新しいものに入れ替えることが得意です。
アクセス急増時の対応から最新セキュリティの対応まで、すぐに自動で完了します。

アクセス急増時はコンテナを予算内で自動で増やしたり

低コストでビジネスチャンスに強い

  • マネージドクラウド

    マネージドクラウドならリソース利用料に応じてオートスケールするのでバズっても安心です

    突発的なTV放映などで、トラフィックが急増した場合でも、自動的にコンテナ(サーバー)が増加するため、安定した運用が可能です。
    アクセス数が収束すればコンテナを縮小し、リソースを最適化。コスト削減につながります。

  • 一般的なレンタルサーバー

    一般的なレンタルサーバーでは機会損失になることも

    アクセス集中時はサイトを閲覧できなくなり、機会損失につながる可能性があります。
    予めハイスペックのサーバーを契約すると、アクセスが少ないときは無駄にコストがかかってしまうことも…

やりたいことに集中できる環境を提供します

どなたでも利用できるオープンβ版を提供開始しました。ぜひご利用ください!

Loading

  • facebook
  • twitter
  • はてなブックマーク